トレーニングとは

トレーニングは運動自体にメニューとスケジュールを計画しそれを一月単位でやり遂げていく方法です。
とは言えトレーニングと言うのは個人によってそれぞれの捕らえ方がありますのであまり深くは追求はしません。
トレーニングは鍛え方や全身運動や部分的に運動箇所を鍛える方法を自分の運動メニューに合わせて行っていきます。
メニューには有酸素運動と無酸素運動の二つの運動法に分けてトレーニングしたほうが効率よくトレーニングに励めます。

ここで注意点として

過負荷のかかるトレーニングは身体機能の破壊を招く恐れがあります。
オーバーロードは医学的にも深刻な問題でフィットネスの域でも無理をしてしまえば身体そのものを壊してしまいます。
なので、健康的にフィットネスで身体作りをしたい場合はその点に注意しましょう。

 トレーニングと食事

トレーニングと食事は大切な関係でそのどちらかがおかしくなってもいけません、運動によって糖質と糖分が消費されるので早朝からトレーニングをなさる方は朝ごはんを食べずに運動するのは止めてください、せめてバナナと牛乳くらいは食べてから運動しましょう。
朝目覚めてから一番に消費されるのが糖分です、コレは脳が欲している栄養素でこの栄養素がトレーニング中に失われてしまってはその後の学校や職場で集中力が無くなり一日中ぼんやりしてしまいます。
なので早朝のトレーニング運動後もしっかりとご飯を食べましょう!
また、食事にしか摂れない大事な栄養素も多くあるので運動後にも身体は燃焼し続けるので消費される分はキチンと摂っておかないと後で集中力が切れて上手く頭が働きませんし咄嗟の判断が鈍り、急な会議や質問にも答えられません。
食事には糖分、糖質、脂質、ビタミン、アミノ酸、鉄分をしっかりと取れるように献立メニューを考えておきましょう。

 トレーニング運動

トレーニングの基本は競技種目にちなんだトレーニング法と、部分的に鍛えたいトレーニング、全身の体力を鍛えたいトレーニング、と伸ばしたい能力にちなんだトレーニングを行うといいでしょう。

全身運動は有酸素運動となり大きくする呼吸となります。
ウォーキングやアクアエクササイズつまり水泳、と大きく呼吸するスポーツならば有酸素運動となりますのでトレーニングでの有酸素運動は全身のバネを極限までに引き伸ばしたり縮めたりする全身運動となり体はまるで弓のようにしなやかに引き絞られて次の動作でもう片方の筋肉を引き絞る、その体躯は磨き上げられたゴムマリのようなボディ、トレーニングによって高められて極められた肉体は引き絞られるとその強度はコンクリートを砕くほど硬く、屈伸による筋肉のバネは身長を有に超える高さまで跳ね上ります。
人間の身体の限界と言うのは未だ化学でも解き明かせない神秘に満ち溢れていてその身体の進化については人間が辿りついたのは30%未満といわれています、コレは超能力者でも同じ数字と言われています。

部分的トレーニングでも同じ様に鍛え上げる筋肉が本物で見掛け倒しでない筋肉ですと太くなるのではなく引き絞られて細くしなやかに硬くなります、例えるなら刀匠によって鍛え上げられた一振りの切っ先諸刃の一刀の如く、ここまでのトレーニングは人間の一生を掛けても辿りつけるかどうかといわれていますが、驚くこと無かれ、日本人は既にその域に達していたのです。

過去の日本人のその領域までトレーニングし鍛え上げてきたのは武士です、ただひたすらに剣の稽古を続け磨きあげてきたその筋肉は先ほど行ったとおり腕そのものが刀の一部になっていたと思われるほどです。
トレーニングは鍛えようによってあなたの理想に近づくことが出来る鋼です。

注目サイト

最終更新日:2014/10/16

TOP
freelancemalaysia.net