アクアエクササイズ

アクアエクササイズと言うフィットネスエクササイズは水圧による筋肉への負担や運動量の消費を陸で行う通常のフィットネスエクササイズの倍で換算出来る今人気のアクアエクササイズ。
会社設立.comなどで会社や企業のことを調べるのもいいですが、頭だけでなく体も動かさなきゃだめ!このエクササイズは水の中と言う特殊な環境化に身体があるので普段の運動よりもカロリーやエネルギーの消費量は変動します。
又、水の中と言う環境は人の身体が浮くと言う状態に加えて水の抵抗により行動の制限がものすごくかかる状態なのでフィットネスに関しては筋肉や間接を痛めることなくどんな体系の方でも重力による制限から解き放たれリラックス状態でフィットネスエクササイズを楽しみながら行えます。

地球上の生き物全ては水の中から生まれてきたと言うのでもちろん私たち人間も水は生命の原初というわけになりますココでは海を会えて水に例えています。少し話しがそれてしまいましたが、人の身体の半分以上は水分で構成されているのでもちろん水との相性は良いのです。
水温が低いと身体が寒さで萎縮してしまい緊張状態で中々思うように身体が動かせません、水の中は体温に近い温度だと身体の緊張状態を緩和出来ます。
スイミングスポーツジムなどでは温水プールと言う適度に暖かい温度で筋肉を速めに緩和し体脂肪やエネルギーを燃焼状態にしてくれます。
また、このアクアエクササイズという水の中とは言えども水分は大量消費されていきます。
ですのでエクササイズの合間に休憩時間を作り、必ず水分を吸収しましょう。
体外の水分は減りませんが体内の水分はドンドン減っていきます。
プールは水だからとプールの水を飲んではいけませんよ、消毒薬や色々な薬が混じっているので大量に飲み込むと体調不良になってしまいますよ(^^;。

 人の身体は水の中が最適

人は生まれてくるときに母親のお腹の羊水の中で成長します、水の中と言うのは母親のお腹の中のような安らぎを感じられます。
覚えが有りませんか?水の音を聞くと自然と安らいでぐっすり眠れたなんて言うことが。
とは言うものの、『私はカナヅチだから水が怖い・・・』と言う方もいらっしゃいますね、カナヅチと言うのはその人の主観なんですよ、その様な体質の方は人間力学上いません、それと言うのも人間は水に浮くように出来ているのです。
例えば浮く要素は脂肪、脂肪は重さに関係なく水の中では浮くのです。
昔、テレビでも実験していましたが体重が52kgの男性と112kgの男性がプールに飛び込むと最初は体重の大きい方が深く沈みますが体重の少ない男性の方よりも早く浮かびあがったのです。
筋肉は水より重いので沈みます、筋肉質の男性の方がプールに飛び込むと浮かばないと思われていましたが、人間の身体には沢山の浮き袋をもっています、例えば肺です2つも備わっているのでかなり浮きます、そして胃袋、腸(オナラは空気よりも軽いのです(^^;)と言う具合に本当のカナヅチほど人間は沈みません、逆に浮いてしまいます。

また、アクアエクササイズ中は大量にエネルギーを消費することを上記で言いましたよね?
そう、お腹が空くのが早いのです(^^;
とは言えダイエット中の方は過度のカロリーは禁物、だけどお腹に溜まるものが食べたい、と思ってしまうのが人の性です。
そんな方はおにぎりとバナナが一番です、おにぎりで糖質を摂り塩分を摂り、バナナでビタミンを吸収し体内脂肪をエネルギーに変換するのです。
これが一番の方法ですね、フィットネスでは最も代表的な食事になります。 。

 アクアエクササイズ練習内容

実は、このアクアエクササイズは水の中に居るだけで運動になるらしいのです。
事実、水圧と言う肉体への圧力が常にかかっているわけで自然と筋肉は身体を動かす量の倍の運動量を消費するのです、またアクアエクササイズは陸上のスポーツトレーニングに比べて肉体への過負荷はなんと三分の一しか負荷はかかりません。
関節など壊し易いところへの負担が少ないと言う意味でもアクアエクササイズは魅力的ですね。

 アクアエクササイズ練習内容

全身に水の抵抗、つまり水圧がかかっているのをイメージしながら全身を使って運動します。
かなりの体力を消耗するので無理は禁物、合間に休憩時間をキチンととりましょう。

■水中ウォーキング

これは名前の通り歩くだけですが水流に逆らって歩くだけでもかなりの水圧がかかり、陸上に比べてかなりの運動量になります。スイミングスポーツジムでは大半の方が泳いだりしていますので邪魔にならないように端っこを往復するようなかたちがベストですね。

■平泳ぎ

水泳の泳ぎの一つ、両手で内側から外側に円を描くように両の手で水を後ろにかきだすようにし、足は蛙のように水をけると言う泳ぎ方です。

■クロール

これは口頭で説明するのも必要ないくらい、泳ぎの代表ですね。

 

2017/3/30 更新

TOP
freelancemalaysia.net